childbedlaboratory

Home > ライフ> childbedlaboratory

Account Suspended


赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で出産を迎える方もいるでしょう。東京に限らず、出産をした後はそのケアにも注意する必要があります。産後ケアをきちんとしないと、体調不良などの原因になりますので気をつけておきましょう。また、出産ケアは心身のケアも大切です。特に東京は人が多いので、外出する際は心身面のケアも必要です。お母さんの中には、気分転換にちょっとお出かけしたい、という方もいるでしょう。しかし、生まれて間もない赤ちゃんというのは免疫力が低いので、注意しておく必要があります。例えば、気温の変化などの対応力が未熟な場合が多いです。そのため、赤ちゃんを連れての外出は、1カ月検診まで控えた方がいいでしょう。また、お母さん自体の体調の問題もあります。出産後は心身が乱れることもありますので、人ごみの多い場所に出歩かないなどの工夫も必要です。産後ケアですが、その他にも以下の点に気をつけておきましょう。まずは睡眠時間です。赤ちゃんは眠りの間隔が短いことから、寝ている時に起こされてしまうこともあります。特に、自分では自覚はなくても、お母さんは疲れが溜まっています。そのため赤ちゃんが眠った時は、自分も一緒に眠るようするといいでしょう。「若いので大丈夫」と思っているお母さんもいるかもしれませんが、疲れが蓄積されてしまうと体調にも大きく影響します。体調を良くするためにも、できるだけ睡眠時間を確保するように心掛けてください。また、上記でも触れていますが、出産後の精神的変化にも注意する必要があります。妊娠前と妊娠後は、生活パターンなど、色んなことに変化があります。実際に変化するのは生活のパターンだけではありません。様々な環境変化によるストレスやホルモン変化などが原因で、精神的に不安定になることも少なくありません。さらに、慣れない育児への戸惑いもストレスに繋がる場合があります。東京は人が多いですが、人との繋がりが薄いのが特徴です。そのためその中には、孤独で悩んでいる方もいます。産後ケアは精神面のケアも必要ですので、相談できる友達を作るなど、日頃から注意しておきましょう。

注目キーワード

赤ちゃん言葉
赤ちゃんが、言うことばを 大人が、まねて、表記する言葉。
赤ちゃん
あかんぼう、あかんぼ、あかご 生まれたばかりの子ども。
PAGE TOP ↑