pluspa

Home > ライフ> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。近年テレビなどでも取り上げられ、大手企業などの研修にも利用されているので聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、マインドフルネスがどういったものなのか知っている人は少ないのではないでしょうか。マインドフルネスとは今の瞬間の自分に意識をむけ、あるがままをそのまま受け入れることを言います。もっと簡単に言えば、瞑想することに近いと考えるとわかりやすいでしょう。座禅を組み、ゆっくり息を吸い、吐いてまた吸って吐いてと呼吸を繰り返します。この時に、呼吸をするということ以外を考えないようにするのです。頭の中を空っぽにして、ただ呼吸だけをする。そんな自分を見つめることで、ストレスを軽減し、自分があるべき姿が見えてくるというものです。マインドフルネスには宗教的な意味合いはありません。あくまで自分を見つめるために行うことです。私たちは、日々いろいろなことを考えます。起きてから寝るまで、脳をフルに動かしいます。仕事の段取り、育児の事、人間関係など本当に様々なことを考えます。そのせいで脳はもちろん、自分自身、心も体も疲弊してしまっているのです。そんな自分自身をリラックスされるためにマインドフルネスは利用されています。リラックスすると人間はストレスが溜まっているときよりもずっと神経が研ぎ澄まされ、今まで見えなかったものが見えてきます。今までと違った見方ができるようになるのです。信じられないという人もいるかもしれません。もし、信じられないのなら、一度座禅を組み、自分の呼吸のみに意識を集中してみて下さい。そんなに長い時間じゃなくても大丈夫です。2.3分でかまいません。3分後、マインドフルネスをする前と後の自分の身体の違いを感じることになると思います。日々、ストレスがたまりイライラしている人にはぜひ試してもらいたいです。3分でイライラが軽減で来たらいいと思いませんか。マインドフルネスは手軽なストレス軽減方法でもありますよ。

注目キーワード

カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
PAGE TOP ↑