ロックセキュア

Home > ライフ> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

鍵と言うのは家を守る一番重要なものであると思われますが、これに関してそれほど危険性を感じている人は少ないようです。と言うのはまだ泥棒に入られた経験のない人はその重要性に関して認識がそれほどないからです。しかし、一度泥棒に入られた経験のある人はその重要さに関して認識を深めしっかりした鍵を求めるるようになります。ところが泥棒を経験すると言うことはお金を盗まれた後であり、後悔先に立たずと言うことになるわけで、その後鍵の重要性に気がついても遅いわけです。だからもし鍵に対して少しでも興味があるのなら、ネットで泥棒とテクニックと言うキーワードで検索するとその手口を知ることが出来るのでその辺りを勉強しておく必要があると思われます。この辺りに関して勉強すると鍵の重要さが良くわかり、鍵には力を入れないといけないことが認識できると思われます。それに関して認識を深めることが出来るとロックセキュアのような鍵専門業者の重要性が理解できるようになるはずです。ロックセキュアはメーカーではなく鍵の取付業者ですが、いろんなメーカーの製品を扱っていますから、一番性能のいい物を取付てもらうこともできるわけです。ロックセキュアのような業者は泥棒の技術を熟知していますから、それを防ぐ為にはどのような鍵がいいかを知っているし、またどのような施工をすればいいかも知っています。泥棒も鍵に関してプロですが、鍵の販売施工業者も鍵に関してプロです。プロに対してはプロの意見を聞いて鍵を選択して取付をやってもらえば防御効果を高めることが出来ます。テレビなどで泥棒のテクニック紹介をやっていることが時々ありますが、それを見ても泥棒の技術力の高さがよくわかります。よく研究している泥棒なら簡単な鍵なら数十秒で簡単に開けてしまうわけです。かなりの難度の鍵でも数分で開けてしまうのを見ると、泥棒に対する恐怖感が芽生えてきます。鍵の販売施工業者は絶対に必要なわけで、いい業者を見つけることが泥棒を防ぐ一番の方法であると思われます。

注目キーワード

鍵のかかった部屋
2012年4月から放送されてる連続ドラマ。(月9)貴志祐介のミステリー小説「弁護士・純子&防犯探偵・榎本シリーズ」が原作。タイトルはシリーズ第3作より。嵐の大野智が主演。 2013年2月26日、TV LIFEが行う「第22...
鍵のかかった部屋
貴志祐介の小説。2012年4月フジテレビ系列でドラマ化、主演は「嵐」の大野智。 [http://www.fujitv.co.jp/kagi/:title:bookmark] *収録作品 -佇む男 -鍵のかかった部屋 -歪んだ箱 -密室劇場 [asin:4048742248:de
『関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑