ペットパパ

Home > ライフ> ペットパパ

東京のペット火葬・葬儀|ペットpapa(ペットパパ)


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ペット火葬、ペット葬儀、移動ペット火葬車を使った東京のペット訪問火葬サービスです。スタッフの作る可愛い手作りグッズがペット火葬、ペット葬儀を優しく演出します。ペットらしいお別れを、ご一緒に。

ペットは家族の一員という言葉を聞く機会は少なくありませんが、それは個人の価値観で、現実の社会ではその通りに行かないことにも直面します。 家族に不幸があれば、会社や学校も休暇を取ることができますが、ペットの葬儀についてもその一例であり、会社や学校をペット火葬に合わせてお休みすることは簡単ではありません。 夫婦二人で、保護してから約10年間を我が子のように大切にしてきた猫でも、介護や通院のために有給を何日か使っていたこともあって、葬儀のための有休をとることができませんでした。  東京で、ペット火葬を受け付けてくれる施設は、それまでにも数か所知っていたので、週末に、ここがだめならこちらという選択肢はありましたが、亡くなったのが水曜日の深夜だったのも、予約が困難になりました。  ペットの葬儀場も、人間のそれと同じように、受付は24時間電話で対応してくれますが、多くの人が、家族そろって見送ることを望むため、月曜日に亡くなっても休日を希望するため、週末のスケジュールは日を追うごとに埋まってしまうそうです。  水曜日の深夜に亡くなり、一息ついて木曜日の午前中に電話をした時には、翌週の週末にならないと、休日の秋はありませんでした。  そこで、猫とも(猫飼いのお友達)に聞いたのがこのペットパパです。  時間を問わずに対応してくれますが、夜間のお見送りでも、近隣の迷惑にならないよう、厳粛に葬儀を執り行ってくれて、移動式でも施設で行うのに劣らず、むしろ、猫が住み慣れた自宅から送り出すことができたことで、夫婦ともに心が慰められました。

注目キーワード

葬儀屋
葬儀全般を専門に請け負う業者さんのこと
葬儀実行委員長
社葬や団体葬などにおいて、一切の業務を統括する責任者のこと。一般に、葬儀実行委員長は葬儀委員長から指名される。
『関連情報:ペット火葬 東京
PAGE TOP ↑