HOUSE BEAUTY

Home > ハウス> HOUSE BEAUTY

外壁塗装は横浜市青葉区、外壁リフォームのハウスビューティーへ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

外壁塗装を横浜・川崎でお探しなら、外壁リフォーム施工実績17,000件の外壁のプロ、ハウスビューティーへお任せください。耐震性能を高める外壁タイル、金属サイディング、デザイン外壁リフォームや耐震リフォーム等お気軽にお問い合わせください。耐震診断は無料で実施しております。

早急な耐震リフォームが必要な家の特徴として挙げられているのは、平成11年以前に建てられている家や、昭和56年以前に建てられている家です。建築基準法が異なるため、現在よりも耐震性に対して異なった構造となっているため、早めに耐震リフォームが必要となります。また、それ以降に建てられている家であっても壁の量が少ない家や壁や柱のバランスの悪い家、柱のホゾ対策がなされていない場合には早急な工事が必要となるでしょう。ホゾ対策とは柱と土台を組み合わせる時に、金具を使って止める部分を補強する工事のことです。柱が決して抜けないように工事を行っておくことで、横浜で急なゆれが発生しても家が崩れる恐れは少なくなるでしょう。また、雨風によって建材に腐敗が発生している場合やシロアリなどが発生している場合にも、早急なリフォームが必要です。特に腐食やシロアリは建築基準法に関係なく家の基幹部分にかかわる問題となるため、害虫退治や建材の補強、交換が必要となります。横浜でもシロアリが発生している家は多く、建てられている家の中には水はけの悪いところで出やすいでしょう。退治をして耐震リフォームをすることで、土地の地盤を含めて多少耐震性が増すといわれています。横浜で耐震リフォームが必要とされる家の半分は、シロアリや腐食による場合があるといわれているため、耐震性を検査してもらい、迅速に対応しましょう。都市圏では比較敵対心リフォーム工事の費用が高く、200万円前後が相場という声もあります。しかし、工事する家の構造や地域によって多少安くなる可能性も少なくありません。リーズナブルな価格だけで確認するのではなく、工事内容や工事する場所、弱っている場所を補強してくれるかどうか確認することも重要です。信頼できる業者の見積もりの場合には、工事内容まで素人に判りやすく書かれているため、必ず信頼できる工事を行うことが重要といえるでしょう。
PAGE TOP ↑