さやま保育園ふじみ

Home > 学校> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

狭山市エリアで保育園を探すことになったら、実際に子供が長い時間を過ごすことになるで、親は見学に出掛けるようにします。パンフレットやホームページだけではわからないことも、親が実際に足を踏み入れてみればわかることが多いです。せっかく縁があって通わせることになる狭山市の保育園ですから、子供が学び遊ぶ建物や設備に遊具なども、すべて一通り親がチェックをして起きます。最新式の用具や設備を兼ね備える施設は魅力的ではありますが、狭山市の保育園でもっと注目をしたいのは、子供の安全性や防犯などの配慮です。子供は一心不乱にはしゃいで遊んでしまうので、周りが見えなくなることがありますので、ケガや事故を起こさないような取組があるかは大切な要素になります。新しい設備完備だと親から見ても安心をしますが、長く使っている設備でもメンテナンスがきちんとされていれば、問題なく園児は使用ができるので、設備はメンテナンスも大事です。子供のしつけや衛生面に関しても重要ですから、日々子供が使う水道やトイレなどの水回りも整備が行き届いているかを確認します。長く運営をしている園では多少古い設備もありますが、メンテナンス管理がきちんとしていて、清掃も常に行き届いているなら問題はありません。そこで勤務をする保育士たちの様子もチェックをして起きたいポイントであり、まだ新卒の若い先生もいれば、定年間近のベテラン保育士もいます。あらゆる年代の女性ばかりの職場だからこそ、チームワークが良くなければ子供を安心して任せることはできません。働く保育士たちの様子を冷静に伺ってみて、勤務中にも笑顔が見られるかどうか、フットワークは軽いかなどをチェックしてみることです。子供は先生たちのことも大好きでよく観察をしていて、子供の見本にもなる存在ですから、いつも笑顔で元気で心配りのできる先生がいる方が親も安心できます。信頼の厚い保育士は子供もわかるので、その先生の周囲には自然と子供たちが集まるのも注目です。
PAGE TOP ↑