ONELIFE

Home > ビジネス支援> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式の写真を撮影してもらうカメラマンを自分で用意したいと考えている人もたくさんいます。外部の人に依頼をして撮影をしてもらいたいと考えている人は必ず結婚式場に質問をしましょう。自分で依頼ができていれば結婚式場にカメラマンの手配をしてもらう必要がないので、わざわざ知らせる必要がないのではと考えてしまいます。しかし、場所によっては外部のカメラマンは立ち入りができない結婚式場もあります。外部のカメラマンが立ち入りできない結婚式場だと知らなくて依頼をしてしまうと、断りの電話を入れなくてはならない場合もあります。自分にも負担がかかってしまいますし、依頼をした人にも迷惑をかけてしまう状態になります。自分で撮影してくれる人依頼した方が良いと考えている人もいますが、まず立ち入りができるのか確認をするようにしましょう。立ち入りができると言われた場合は安心してすぐに依頼をしてしまいますが、必ず注意事項確認しましょう。注意事項を確認しないままで依頼をしてしまうと、断る時と同様に依頼した人に迷惑をかけてしまいます。また注意事項の部分がきっかけで当日トラブルになってしまうケースも少なくは無いので、自分で注意事項を確認した上で依頼する人にもしっかりと伝えるようにしましょう。ここまでしっかりと行えばトラブルになるケースは少ないので、自分が気をつけなければならないと覚えておく必要があります。カメラマンによっては打ち合わせに参加をしてくれる人もいます。この場合は結婚式場に打ち合わせにカメラマンが来てくれると伝えるようにしましょう。少し面倒な作業があるので、働いている人に依頼をした方が良いのかと考えてしまいますが、自分が撮影を依頼したい人がいる場合は、面倒な作業があってもしっかりと行えば当日満足できます。自分が気をつけて行うと問題なく進むと覚えておきましょう。
PAGE TOP ↑